仮想通貨って一体何?

仮想通貨は形のないお金

仮想通貨とはインターネット上で流通している通貨のことです。通貨といっても紙幣や貨幣のような形のある通貨ではなく、電子データです。円、ドル、ユーロなど世界中の法定通貨と交換することで入手可能になっているので、仮想通貨は世界共通の通貨とも言えるでしょう。現在、世界で千種類以上の仮想通貨があるとされています。ただし、現状、実際に取引に使えるのはビットコインなど一部のものにとどまっています。
仮想通貨は電子データなので、セキュリティーには高度な技術が用いられています。ブロックチェーンという技術によって仮想通貨の取引は管理されています。このため、仮想通貨は「デジタル通貨」、「暗号通貨」と呼ばれることもあります。

何に使えるの?メリットは?

仮想通貨はインターネット上での送金や決済といった取引に便利です。円などの法定通貨というのは取引の際に金融機関を経由する必要があります。一方、仮想通貨は法定通貨ではないので、金融機関を経由する必要がありません。その際、取引にかかる時間を短縮できたり、手数料を安く済ませられるといった利点があります。
最近では日本国内でも少しずつ流通するようになり、量販店での買い物や電気料金の支払いなど使える場が増えてきています。その他には、オンラインゲーム使用するアイテムと交換することも可能になってきています。また、仮想通貨は投資の手段としても人気を集めています。価格変動が激しく、ハイリスク・ハイリターンの投資を行うことができるのも魅力の一つです。